ログイン open

USE CASE

創造空間

ICTがますます発達する時代において、これからの子どもたちは、AIにはない人間だけが持つ創造性が求められる社会を生き抜いていかなくてはなりません。しかし「壁や本に落書きをしていけない」と子どもに注意したことがある大人は多いでしょう。これは子どもの自由な発想を奪う大人の勝手な都合で、創造性を阻害しているのではないでしょうか?
子どもたちが本来持っている創造力を大人のルールで制限するのではなく、自由に伸ばしていくことが大切です。Izuminaで実現されるキッズスペースでは、子どもたちの創造力を制限することはありません。
子どもたちは床に表示されたデジタル絵本に自由に書き込み、新たな登場人物を生み出すかもしれません。また別の子どもは絵本をバラバラにして、白雪姫と桃太郎が出会うストーリーを構想するかもしれません。子どもたちが集まってひとつの壁に大きな絵を描くことで、自然発生のコラボレーションを通じた創造力の発揮方法を経験するでしょう。
Izuminaによって、大人たちが「やってはいけないこと」として制限してきた子どもたちの創造性に驚くはずです。またこのIzuminaが創り出す空間は、大人にとっても自由な発想を存分に発揮できる場所になるでしょう。